HOME癒し王国世界遺産 熊野古道ウォークレポート高原熊野神社〜近露王子 編 前編

世界遺産 熊野古道 ウォークレポート
高原熊野神社〜近露王子 編 前編

南紀ほんまもん通信 第35号(2006年4月19日)

 公共交通機関を使い、以前の(第16号 滝尻王子〜高原熊野神社) から続きの、高原熊野神社〜近露王子までのコースを歩いてみました。
高原熊野神社から近露王子までの区間は、上多和茶屋跡(うわだわちゃやあと)前のつづら折れの急な登り坂以外はゆるやかな上り下りの道が続き、比較的歩きやすいコースとなっています。
今回は終点の近く、近露の駐車場に車を置き、バスで出発点の栗栖川バス停まで移動してスタートします。

出発の前に、下記リンク先の地図をご覧下さい。
リンク高原熊野神社〜近露王子ウォークマップ
リンク熊野本宮線・熊野古道線バス時刻表(龍神バス)


出発前に滝尻王子にて

滝尻王子前にて・・・。 高原熊野神社へ向かう途中の滝尻王子では、大型バス3台ほどがとまっていて、滝尻王子前ではたくさんのお客様が観光をされていました。
世界遺産に登録されて1年以上たちますが、観光バスも立ち寄っています。

熊野古道なかへち美術館前

なかへち美術館前のバス停 今回のコースのゴール地点でもある、「熊野古道なかへち美術館」前に駐車場がありますので、ここに車を1台置いておきました。
バス停での時間を確認し、バスがくるまでこの付近を散策しました。
季節も春ということで色とりどりの花が植えられていて、また遠くの山には桜もさいていて春を感じることができます。

バスが到着です。(10:13)

バスがきました!! バスが到着しました。
龍神バス・紀南病院行き10:13発のバスに乗り込み、栗栖川バス停に向かいます。

栗栖川バス停に到着 (10:35)

「富源橋」を渡ります。  栗栖川バス停で降り、高原熊野神社(高原霧の里休憩所)へ向けて歩き始めます。
栗栖川バス停から役場向きに50mほどから左にまがり、富田川の「富源橋」をわたります。橋を渡り終えると、左側に登って行く坂道があります。これが高原熊野神社への牛舎道への入り口です。少し急な登り坂ですので気をつけましょう。
30分ほど登っていくと、高原霧の里休憩所に到着です。

高原霧の里休憩所に到着です (11:03)

高原霧の里休憩所に到着です。

 少し急な坂道でしたので、久々に歩くと、さすがにこたえます・・・。(ーー;)
この先も登り坂が続くのでしばらく休憩をとりました。

 目の前には、この高原から見える山々として遠く龍神の果無山脈から田辺の虎ヶ峰まで見渡すことができます。
気持ちのよい風が吹き、爽快感もあります。

自分にあった長さの杖は・・・?っと。  高原霧の里の休憩所では、ジュースの自動販売機やトイレなどの施設があります。
出発前には、休憩所で杖を借り、出発しました。

杖を借りて出発です! 杖を借りて出発します。
赤い矢印にしたがって道なりに歩いていきます。この先は宿場町として栄えたところで、旧宿の札が何軒かの家の前にかけてありました。

庚申さん

庚申さんと大日如来 しばらく歩くと、8番目の道標に到着です。
庚申さんと大日如来がならんでいました。

庚申さんを過ぎるとすぐに石畳の道が山道にかわります。

一里塚跡 (11:57)

 左手に一里塚跡が見えてきます。
隣には、休憩の出来る場所があり、トイレもあります。
この先には9番目の道標がありどんどん登っていきます。

10番目の道標をすぎると、「高原池」まではそれほど急ではありませんが、登り坂が続きます。

高原池に到着です (12:15)

高原池  緑のグラデーションがとてもきれいに映りました。よくみると、魚もいて、手をたたくとこっちによってくるようでした。でもえさはありません・・・。
池を横に見ながら、次の場所「大門王子」へと向かいました。

大門王子手前で、少し急な上り坂になりました。

大門王子 (12:23)

大門王子 大門王子に到着です。
ここに昔は大きな鳥居があったそうで、この名前がついたそうです。

大門王子 いくつかの古道を歩いてきたのですが、初めて王子の石碑に、やたがらすの絵が彫られているのを見つけました。(青色の看板の下の石碑です。)この先の王子の石碑にも注意してみてみようと思いました。

大門王子を出発! この王子の石碑は、上の写真でいうと朱色の社の後ろ側にあります。ぜひ、裏手に回って王子を見てください。

社の後ろにある王子跡 お昼の時間も過ぎたところですので、予定では「十丈王子」でお昼ご飯にしようとしていたのですが、ここ「大門王子」でお昼をとることにしました。(実はここまでの上りで疲れたのもあります・・。)

出発をします。 (12:50)

ゆるやかな下りの細い道 お昼ごはんも食べ終え、少し休憩をとって再出発をします。少しずつ気温も上がってきたので半そでのTシャツでもいいのではないかと、アセを,.

拭きながらあるいていきました。

細い道がありますのでご注意 十丈王子へいくまでは、細いところもありますので、足元に十分注意しながら歩きます。

ところどころに見渡しのいいスポット ところどころで見渡しのいいスポットがあります。

十丈王子 (13:18)

十丈王子到着 十丈王子に到着です。今は広い公園としてベンチなどがありますが、昔は茶店などが数件あり道行く人の休憩場所でもありました。
天気がよかったのですが、少し暑く、木陰になる大門王子でお昼ご飯をとったのはよかったです。

汎愛高校の武道課の皆様 休憩をしていると、下手の方から声が聞こえてきました。ん???(人数の多さにちょっとびっくりしましたが、声をかけてみることに・・・。)

 聞いてみると大阪の生徒さんたちでした。実習の一貫としてこの熊野古道を歩きにこられているそうで、3日間かけて、本宮大社と大日越へとむけて歩くそうです。(がんばれぇ〜!!)



南紀ほんまもん通信 バックナンバー
HOME癒し王国湯遊王国感動王国満腹王国エリアガイドお宝めぐり