南紀ほんまもん通信第33号(2006年3月13日) 南紀ほんまもん王国 TOPへ GO!

日置川「安居の渡し」
 半世紀ぶりに復活をした「安居の渡し」。大辺路街道では唯一、舟でわたる熊野古道です。「熊野古道 大辺路」を歩こうとされる際には、ぜひ事前予約をされてからおいでください。
今回のほんまもん通信は、昨年10月に渡り初めをした、日置川【安居の渡し】保存会の皆様が活動されている、【安居の渡し】の利用について、お申込みの仕方などもご紹介しつつ、実際にこられたお客様の取材をさせていただきました。
会長からのご挨拶
 安居の渡し保存会会長 西 司夫さん。
【会長のお話し】
きっかけは「かつら木材商店」さんからの舟の寄贈からで、地元の方が主になって少しずつですが、たくさんのお客様に来てもらえるように準備をしています。ぜひこの美しい「日置川」を見にきてください。
西会長
今回のお客様
 プロバスクラブ 清流会(地元ロータリークラブOB会)の皆様です。毎月、多彩なイベントをされています。仏坂も「渡し舟」ができたので、2度目のチャレンジで、「地主神社」まで歩かれるそうです。受付をすませ、乗船手形をもらい、ライフジャケットを着て出発です。 プロバスクラブ清流会のみなさま
【舟頭さんのお話し】
 乗船するときは、こちらでご用意する「ライフジャケット」の着用をお願いします。
また、舟を渡すときは、まっすぐ舟をこぐとラクなのですが、水中を泳ぐ魚達もはっきり見えるほど透き通った川を観て頂きたいので、川の深場を大回りに回って極力時間をかけながら向こう岸にわたしています。
渡し舟でわたっている様子

専用電話への予約をお願いします。
熊野古道 大辺路街道を歩いてみようと思われている方、迂回路もありますが渡し舟を利用して古道を歩いてみたいと思われている方、ぜひ予約をしてからお越しください。
料金は一人500円(乗船手形込み)です。
電話予約時には・・・。
1)ご利用日時  2)ご利用人数  3)代表者の連絡先 等をご連絡ください。
※予約は、ご利用日の3日前までの受付とさせていただいています。
※お一人様からご利用いただけます。

安居の渡し場「渡し舟」専用電話番号 TEL : 0739-53-0194


周辺のみどころ
熊野古道富田坂に、「観梅」を楽しむコースが出来ています。見ごろは2月の中旬頃で、満開時期は過ぎてしまいましたが、広い梅畑を見渡すことができ、爽快な気分を味わえます。



ほんまもん通信 第29号「仏坂」ウォークレポート


南紀ほんまもん通信 バックナンバー


アクセスガイド | 年間イベント | 海水浴場ガイドキャンプ場ガイド | 観光のお問い合わせ

南紀ほんまもん王国 HOMEへ